ワークスタイルの変化で

ワークスタイルが変化するのは言うなれば当然のことです。会社で仕事をしていたのは、仕事をするのに最高な環境であり、すぐに情報を共有できるからであって、家に居ながら情報が共有できるのであればそれで済みます。わざわざ会社でしなくてはならない仕事というのはかなり限られ、ある程度仕事や外出先で仕事をすることを認めてしまえば、わざわざ大きな自社ビルを建てる必要もないですし、オフィスも大きなものを借りずに済みます。

外資系企業の中には勤務時間の一部を業務以外のことに使ってもいいというところや、一部企業ではマッサージルームがあるところなど、今までの日本企業では考えられないことが起きており、ワークスタイルの変化の表れでもあります。また、ネットだけで商談などを完結させることで時間のロスを極限までなくし、また地元で全国の企業と営業ができることから、地方活性化の1つの手として応用が可能になります。ワークスタイルを変化させるということは、今まであった都市部への集中すら変えることにもつながっていくのです。

こうしたワークスタイルの多様性を確保するのはITなしには考えられません。どこにいるか監視する位置情報など、家などで仕事をすることを可能にした分、それを監視する機能を構築していかなければ意味がありませんし、それを経営者などが恐れていることからなかなか新しいワークスタイルにチャレンジできない企業が多く存在します。そのため、ワークスタイルを新たに打ち出すには経営者や従業員の声だけでなく、IT技術者の声というのも大事になります。何の考えもなしに家で仕事をすることを認めてもいい結果を生みません。

ワークスタイルを変化させるということは、今までの既存のシステム、評価方法、そしてプロセスを抜本的に見直すことが重要です。そうしたものを全てクリアしてはじめてワークスタイルの変化が行え、よりより働き方が見出されることとなるのです。

Menu introduction

カテゴリーイメージ

オフィスでのワーキングスタイルの変化

ワークスタイルの中心となるのは、昔からオフィスでした。ここ最近の変化としては、何よりもオフィスの環境を良くしようという考えです。昔から観葉植物程度は置いてありましたが、更にそこから進歩してオフィスそのもののデザインをより良いものにしよう、という考え方があります。

もっと読む ⇒

カテゴリーイメージ

オフィス以外でのワーキングスタイルの変化

ワークスタイルは様々な形がありますが、その中心となるのはオフィスです。このため、オフィス以外のワーキングスタイルというと、あまり数は多くはありませんでした。オフィス以外というと、単純な作業やあまり人の知識や技術を必要としない作業などもあり、その一方で現場作業などの現場で行う仕事などがとても多い傾向があります。

もっと読む ⇒

カテゴリーイメージ

日本のワーキングスタイルの歴史

日本のワークスタイルは、今は昔のものとはかなり変わってきています。昔の日本の場合はほとんどが農民でしたので、農民は田畑を耕して収穫をしていました。田畑は大体の場合は家の近くにあり、非常に大きなところもあれば小規模なところもありました。また、山を開墾して段々畑を作り、そこから田畑を得ていった人もいます。

もっと読む ⇒

カテゴリーイメージ

ワークスタイルのまめ知識

かつて高度経済成長期には終身雇用が当たり前であった日本企業ですが、バブル経済崩壊が崩壊した後は多くの企業が業績不振に陥った結果リストラなど横行しました。その後企業は正社員を雇う代わりに派遣社員や契約社員など、比較的人件費がかからない雇用形態を採用し始めました。

もっと読む ⇒